日本の達人級投手の2016時期の主力での録画

今年は、主流リーグに前田健太投手が移籍し、日本の切り札級の投手が全て米国に。日本の球界は寂しくなりましたが、アメリカの主流リーグでどれだけ活躍できるのかは、非常に楽しみになりましたね。間もなく、主流でも当初戦が終わりますが、先発投手として活躍するスポーツマンらの奮戦を見ていきましょう。本年、はじめて参戦した前田健太投手は、7勝6敗とまだまだ物足りないかなと思うのですが、年間瞳でこれだけ、先発ローテーションを守っているのは素晴らしい奮戦ですね。次に、田中投手去年、手術を行ない、依然として大丈夫ではないでしょうが、敢然と6勝4敗で現職を行っていると言えるでしょう。同じくダメージから引き返したダルビッシュ投手は、少々ダメージの衝撃もあり、じっとリハビリが仕事かもしれませんね。そして、何通年も安定しているのが岩隈投手。何気に9勝6敗。今年も15勝以上は固いですね。これだけ安定しているとローテからも外せないし、期待されるでしょう。少し、下部戦も楽しみですね。ミュゼ1人でいく